占いのやかたMOON > 九星・易占コーナー

九星・易占コーナー

2020年 1月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は乾宮同会します。直感が強くなる場所になります。ヒラメキです。このヒラメキを活かすことがポイントになります。易でみますと、良い変化運が見えています。『腐草、蛍火の象』『金を売って、物を買うの意』ヒラメキを活かせる運が見えます。流れは、『俊隼、雉をとるの象』『残花、雨を待つの意』良い状態が表れますが、次のステップを求めることが必要です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は兌宮同会します。兌宮は楽しめる場所になります。楽しむように、心がけをすることが大切です。易でみますと、無駄なことに時間を捕られてしまいます。『貴人、山に隠れるの象』『井を穿って泉無しの意』です。流れは、『月、霧里に隠れる象』『寒鶯、春を待つの意』と言うことは、今を楽しむ気持ちを持てば良いのです。今を生きることが大切になります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は艮宮同会します。目標を持って、それに向かうことがポイントです。 モチベーションが出てくると、やりがいに繋がります。易でみますと、『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前に兵ありの意』です。緊張感を持つことです。流れは、『平行、相背くの象』『咎めもなく、誉れもないの意』普通の状態が表れてきます。気配りも緊張感の一つです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は離宮同会します。一番上の位置で頂上の場所になります。とても見晴らしが良いのです。易でみますと、『頤中、物ありの象』『夫婦、閨に怒るの意』です。見え過ぎてしまうと、感情が先行して、ギクシャクしてしまいます。感情面のコントロールをする事で、『雷、暑にあってふるうの象』『石中、玉をつむの意』になります。見極めることが大事です。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎宮は水の場所であり北に位置します。坎宮は学習すると身に付くと言われています。易でみますと、『風、塵挨(じんあい)を揚げるの象』『花を見て、雨にあうの意』です。見極めることが必要になります。見極めることができると、流れは『順風、駕帆の象』『泙水、相あうの意』で、とても良くなります。見極めることを大切にしてください。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は坤宮同会します。正に母なる大地です。与える喜びが強くなり、交流のエネルギーが産まれてきます。易でみますと、『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ鳳舞うの意』です。ただ、与え過ぎは良くありません。流れは『門前、落とし穴あるの象』『寒蝉、風に悲しむの意』になります。交流は大事ですが、ほどほどにすることも大切です。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は震宮同会します。震宮は季節に喩えると春になります。木々の芽がふきだしてきます。躍動的な動きができます。 注意しなければいけないことがあります。思い込みです。大丈夫だと思い込みこむと芽は伸びていけません。易の流れは、『門内、美を競うの象』『明、遠きに及ばざるの意』になります。イライラすることになるでしょう。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は巽宮同会します。巽宮は基本的に幸せを呼び込むことができる場所になります。よく結婚される人は巽宮が多いと言われています。易でみますと、『山沢気を通ずの象』で交流が深まっていきます。流れも良い変化をもたらします。『腐草蛍火の象』『金を売って、物を買うの意』です。革命的な変化と言って良いのです。しっかり掴んでください。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は中宮同会します。正に中心の場所になります。人はこの中心からスタートしていきます。エネルギーが強いのですが、出口がありません。八方塞がりでもあります。易でみますと、『雷、暑にあってふるうの象』『石中、玉をつむの意』流れは、『月、霧里に隠れるの象』『寒鶯、春を待つの意』春がくることを確信して、耐えることも必要です。

2019年 1年間

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今年は兌宮同会します。喜びが集まる年になります。意識的に楽しむことが大事です。実りの秋の年。収穫することに専念すると良いと思います。 問題意識がありますと『雨後苔色』になります。雨が降った後、苔は水分を吸って鮮やかな色になります。正に『地を掘って宝を得る』です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今年は艮宮同会します。目標を設定することで豊かになれる場所に入ります。 少年のように、夢を持って進むと良いでしょう。ぴったりしたものが見つかるはずです。『鍋・釜蓋を得る』が見えています。和みがあるのです。気の流れも『奢りを損して孚を存す』になります。 とても良い人間関係を持てる年です。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今年は離宮同会します。運命学では離宮に入りますと前厄になります。頂上の場所ですので、見晴らしはとても良いので見極めることが大切です。 『平行相背く』『咎めもなく誉れもない』になります。しかし『川を渡って未だかわかず』です。多少、厄の影響が出やすいので、注意してください。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今年は坎宮同会します。坎宮は運命学では本厄の年になります。本厄の時に一番にやって欲しいことがあります。それは勉強することです。勉強することで身につきます。『俊隼、雉を捕る』のです。 資格等にチャレンジすると良いでしょう。『門前、兵あり』兵は武器を持っています。味方か敵かを区別してください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今年は坤宮同会します。運命学では後厄になります。母なる大地の場所です。豊かで育む場所になります。来年に備える年でもあります。準備・段取りをしていきましょう。『寒鶯、春を待つ』春が近づいています。まだ、寒いのです。必ず春は訪れます。焦ることはありません。 今は『井を穿って泉なし』です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今年は震宮同会します。厄が開けて、行動をする年になります。地中の中から芽が息吹く年です。『雷、地を出でて震う』『行止、時に従う』になっています。流れはとても良くなります。『満地錦繍』『人、玉階に登る』です。閃いたことを、そのまま行動して良いでしょう。エネルギーが強くなります。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今年は巽宮同会します。一般的に幸せを呼び込む年と言われています。良いことがおきますが、注意することです。 『残花、雨を待つ』になります。良いことは続きません。豊かさは永遠ではないのです。『飛鳥、山を過ぎる』になります。基本的には今を楽しんで、流れを大切にすることです。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今年は中宮同会します。中宮は中心の場所になります。一般的には八方塞がりの場所と言われています。出口がありません。そこを意識することです。新しいこと、無理なことはやってはいけません。 『枝折れ、幹たおる』『門内、賊あり』『石上、蓮を植える』です。じっくり、慎重に物事を進めることが大切になります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今年は乾宮同会します。直感が働く強い場所になります。乾宮で独立すると成功する確率が高いと言われています。 『鯉、龍門に登る』『妓歌、衆従う』です。ただ、気をつけて頂きたいことがあります。それは、思い込みが強くなってしまうことです。人の意見を聴かなくなります。『烏、枯木に泣く』『沢中、潤いを脱す』です。