占いのやかたMOON > 九星・易占コーナー

九星・易占コーナー

2020年 6月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は坤宮同会します。包みこみ与える喜びがある場所です。母なる大地とも言われています。易でみますと『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて彼説(よろこぶ)の意』です。優しさを楽しんでいます。流れは『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』になります。準備・段取りができて豊かな気持ちになれます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は震宮同会します。季節に喩えますと春になります。春は躍動感が満ちています。易でみますと『暗夜、灯を揚げる象』です。助けあうエネルギーが強くなるのです。流れは『雉、網中に罹るの象』『秋葉、風にひるがえるの意』になります。思い込みが強くなると、周りの気持ちが見えなくなるので気をつけることです。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は巽宮同会します。とても良い風が吹いてきます。その風に乗ることを勧めます。易でみますと『龍、変化を示すの象』『万物、資って始まるの意』です。しっかり風を捉えることが大事です。流れは『蛟龍、天に昇るの象』『羝羊、触 るるを喜ぶの意』になります。決定して物事に向かって進むエネルギーが強くなるのです。障害を乗り越えることができます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は中宮同会します。中宮は生まれた場所です。原点回帰すると良いと思います。易でみますと『雉、網中に罹るの象』網はすなわち世界になります。この世界に生かされています。流れは『門内、美を競うの象』『明、遠きに及ばざるの意』になります。人間関係で自己を確立していかなければいけません。遠きに及ばざるは葛藤になります。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は乾宮同会します。乾はかわくの意味です。質量がなく、『気』になります。易学は乾の気から始まるのです。 その易でみますと『順風駕帆の象』『泙水相あうの意』です。巡り合わせが良く、前に進めます。流れは『風、塵埃を揚げるの象』『花を見て雨にあうの意』になります。観察力を持って行動すると運は開けていきます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は兌宮同会します。お茶目な少女の気が支配してきます。しっかり楽しんでください。易でみますと『黄花そうせいの象』『少女、母に従うの意』です。素直に楽しむことです。流れは『少女、男を追うの象』『転倒齟齬の意』になります。食い違いが生まれてしまいます。はめをはずすことは慎むことです。誤解を招じます。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は艮宮同会します。高くそびえる山の場所になります。その山に登っていけると素晴らしいですね。山は目標のことです。易でみますと『暁風、残月の象』『相親しみ、相疎んじるの意』です。気持ちは積極性がありますが、行動することができません。流れは『鍋・釜、蓋を得るの象』『鶴なき子和するの意』になります。ゆっくり進むと大丈夫です。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしが良いので気持ちは良いと思います。易でみますと『尊卑、分定まるの象』『虎の尾を履むが如しの意』見分けをつけることができ、従う気持ちが支配するので虎の尾を踏んでも喰われません。素直に従うことができるのです。流れは『桃李、美を競うの象』『方円、用ありの意』になります。競争力と調和性のバランスがよくなります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所ですが流れがスムーズになっています。周りの人との調和性も良い状態になります。 易でみますと『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』です。流れは『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』になります。水の流れが豊かで方向性が定まるでしょう。

2020年 5月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は坎宮同会します。定位置の場所です。本来持っているエネルギーを活かすとで運を上げることができます。易でみますと『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』で、流れは『鯉龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』になります。水の形がない形状を活かしていくことができるのです。そして、気持ちの切り替えができると楽しめます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は坤宮同会します。定位置になります。正に母なる大地です。大地の恵みを活かすことが大切になります。易でみますと『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』流れは『芙蓉、霜を載せるの象』『西施、国を傾くの意』になります。運は螺旋(らせん)を動いて回ります。『ちぐはぐ』を感じましたら、行動を慎むことが大事になります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は震宮同会します。定位置になります。動くことすなわち行動するエネルギーが強くなる月です。ただ闇雲に行動することは危険です。段取りをしっかり決めて動くことを勧めます。易でみますと『山上、関を鎖ざすの象』『葛るい、身に纏うの意』流れは『門内、賊ありの象』『石上、蓮を裁えるの意』になります。しっかりと準備してください。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は巽宮同会します。定位置になります。風が吹いてきます。良い風か悪い風かを見極めることが必要です。易でみますと『順風、駕帆の象』『泙水、相あうの意』良い出逢いがあります。思い込みは注意をする必要があります。流れは『二人、水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』になります。しっかり観察されることがポイントです。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は中宮同会します。定位置の場所です。求めるエネルギーは強いのですが、八方が塞がれています。出口がありません。無理はしないことです。易でみますと『海人、魚を求むの象』『病夫、市に行くの意』です。流れは『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅ほころぶの意』になります。今月は無理して進めることは止めた方が良いと思います。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は乾宮同会します。定位置の場所です。この場所は直感性・単独行動性が強いエネルギーになります。直感がピタリとはまると成果が出てきます。ただ、思い込みが強くなると噛み合わなくなってしまいます。易でみますと『桃李、美を競うの象』『方円用ありの意』です。流れは『頤中、物あるの象』『夫婦、閨に怒るの意』になります。人間関係に気をつける月です。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は兌宮同会します。定位置になります。楽しめる場所です。楽しいことが見つかると無心に楽しめるでしょう。 易でみますと『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前、兵ありの意』です。流れは『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』傲る平家は久しからずです。楽しいことは長く続きません。何かしら、生きがいになる楽しみを持つことを勧めます。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は艮宮同会します。定位置になります。夢を持つことで、エネルギーが強くなれます。少年の場所です。易でみますと『新月、池に映ずるの象』『誉れあり、謗りあるの意』です。まだ夢は見えません。新月は朔月で池に映りません。流れは『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて彼説(よろこぶ)の意』になります。イメージを現実化することがポイントです。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は離宮同会します。定位置になります。離宮は頂上の場所ですので、見晴らしが良いと言われています。遠くまで見えることは先見に繋がります。易でみますと『暗夜、灯を揚げるの象』『管鮑、金を分かつの意』です。未来を共有できる人間関係が見えてきます。流れは『龍、変化を示すの象』『万物、資って始まるの意』になります。

2020年 4月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は離宮同会します。離宮は頂上の場所にあります。見晴らしが良いので、いろいろなものが見えてきます。見えたものを見極めるとさらに運が良くなります。 易でみますと『満地、錦繍の象』『人玉階に登るの意』です。豊かな状態が見えています。流れは『月、霧里に隠れるの象』『寒鶯、春を待つの意』になります。見晴らしは良いのですが、見極めることが大切ですね。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所です。水は流れることが大事です。流れが滞ると腐ってしまいます。気持ちを切り替えることで流れます。易でみますと『曩中、物ありの象』『雨後、苔色の意』です。わだかまりが出ますが切り替えることで変わります。流れは『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』です。 常に気持ちの切り替えを意識してください。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所です。辛抱強いエネルギーが見えています。気の使い過ぎに注意すると良いでしょう。易でみますと『風、塵埃(じんあい)を揚げるの象』『花を見て雨にあうの意』流れは『月、霧里に隠れるの象』『寒鶯、春を待つの意』になります。注意深く、物事に対処すると良いのです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は震宮同会します。振動する場所になります。動き始めるをモットーにしましょう。易でみますと『龍、水中に動くの象』『草眛、寧からずの意』いずれは天に登る龍が水の中で動き始めたのです。まだどのような形になるか混沌としています。流れは『馬に乗って、鹿を追うの象』『我動いて、彼説(よろこぶ)』です。楽しみながら、方向性が見えてきます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は巽宮同会します。そよ風が吹いている場所です。その風をまんべんに受けると良いのです。バランスを取るためにはとても良い月になります。易でみますと『桃李、美を競うの象』『方円用ありの意』調和性が出てきます。流れは『暁光、海に浮かぶの象』『花落ちて実を結ぶの意』になります。バランスを取ることで、一定の結果が表れます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は中宮同会します。今は冬の時期だと思うことです。必ず春がめぐってきます。易でみますと『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』です。待つことが必要になります。流れは『風、蘆花を払うの象』『ライシ邦を利するの意』です。とても良い風が吹いてきます。周りの助けを受けて、運が上がってきます。待てば日和ありです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動性が強くなる場所です。単独行動性のベースはヒラメキになります。ひらめいて動けるエネルギーが強く表れます。易でみますと『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』流れは『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』になります。直感を活かして、行動すると素晴らしい結果が待っています。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は兌宮同会します。実りの秋・収穫の秋とも言われる場所になります。実りは喜びに繋がり楽しい気が支配するのです。易でみますと『含弘、斐あるの象』『品物、資って生ずるの意』流れは『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』になります。いろいろな楽しみが持てるとともに、行動する喜びが得られます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は艮宮同会します。夢のない人は夢を持つことができます。少年の場所と言われています。易でみますと『二人水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』です。自律性がポイントです。自分の世界で進むことです。自分の目標設定があると他者との調和性が出てきます。流れは『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』になります。

2020年 3月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は艮宮同会します。何かしらの目標・希望を持つとエネルギーが強くなります。年盤と月盤が同じ場所です。 ですので、少年のように希望が持てると運は安定してきます。易でみますと『俊隼、雉を獲るの象』で獲物を取れるのです。飽きっぽい傾向があるので注意すると良いでしょう。継続することで、運気は良くなります。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は離宮同会します。まさに見晴らしが良い場所になります。しっかり見極めて欲しいですね。見極めることで運気は安定してきます。年盤と月盤が同じ位置です。易でみますと『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』です。進むも行くのも見極めることです。優柔不断になりやすいので、基本的に決めたことをやることで運が上がります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坎宮同会します。寒い場所になります。寒い時は勉強すると身につきます。特に年盤と月盤が同じ位置ですので、一年間学習すると良いと思います。易でみますと『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』です。勉強することを勧めます。流れは『芙蓉、霜を載せるの象』になります。ちぐはぐな傾向になります。常に継続することがポイントです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地です。いろいろな物を育てはぐくみます。 年盤と月盤が同じですので、準備・段取りをしっかりすると良いでしょう。 易でみますと『満地、錦繍の象』『人、玉階に登るの意』エネルギーが前に進んで行きます。流れも『雷、地を出でて震うの象』になります。形は直ぐに現れてきませんが必ず現れてきます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は震宮同会します。振動する場所になります。動きが出てきます。そのエネルギーを有効に使うと良いのです。 易でみますと『曩中、物ありの象』『雨後、苔色の意』動くことで、鮮やかなものが見えてきます。そして流れは『山に登って平安の象』『物を測って、平らかに施すの意』年盤と月盤が同じ震宮ですので、動くことをテーマにすると良いでしょう。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は巽宮同会します。一般的には良い場所と言われています。不思議なもので結婚される人が多いのです。幸せを呼び込む場所ですね。易でみますと『暁光、海に浮かぶの象』『花落ちて、実を結ぶの意』になります。朝日が海に浮かんでエネルギーが強くなってきます。流れも『方円、用ありの意』です。周りの人との調和性を保つことができるのです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は中宮同会します。一般的には八方が塞がれていますので、注意する場所と言われています。人は全て中宮で生まれきます。螺旋の人生のスタートの場所になります。無知を知り、知を求めることが大切です。易でみますと『龍、変化を示すの象』『万物、資って始まるの意』になります。流れは『暗夜、灯を揚げるの象』ですので、人間関係は豊かになります。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動ができ直感性が優れた場所になります。ただ、思い込みに注意する必要はあります。 易でみますと『人、玉階に登るの意』素晴らしいヒラメキが得られます。 そのヒラメキを活かすと流れは『旧を去って、新を生ずるの意』になります。 ヒラメキを活かす場合、多少イライラするでしょうが前に進んでください。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しめる場所で収穫の秋になります。また、冬を迎える備えの場所でもあります。易でみますと『日、西山に傾くの象』『鳥を見て、矢を失うの意』です。流れは『満地、錦繍の象』『人、玉階に登るの意』になります。先に対する備えが出来ていると、万全になっていきます。現状認識をすることで運は良くなります。

2019年 1年間

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今年は兌宮同会します。喜びが集まる年になります。意識的に楽しむことが大事です。実りの秋の年。収穫することに専念すると良いと思います。 問題意識がありますと『雨後苔色』になります。雨が降った後、苔は水分を吸って鮮やかな色になります。正に『地を掘って宝を得る』です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今年は艮宮同会します。目標を設定することで豊かになれる場所に入ります。 少年のように、夢を持って進むと良いでしょう。ぴったりしたものが見つかるはずです。『鍋・釜蓋を得る』が見えています。和みがあるのです。気の流れも『奢りを損して孚を存す』になります。 とても良い人間関係を持てる年です。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今年は離宮同会します。運命学では離宮に入りますと前厄になります。頂上の場所ですので、見晴らしはとても良いので見極めることが大切です。 『平行相背く』『咎めもなく誉れもない』になります。しかし『川を渡って未だかわかず』です。多少、厄の影響が出やすいので、注意してください。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今年は坎宮同会します。坎宮は運命学では本厄の年になります。本厄の時に一番にやって欲しいことがあります。それは勉強することです。勉強することで身につきます。『俊隼、雉を捕る』のです。 資格等にチャレンジすると良いでしょう。『門前、兵あり』兵は武器を持っています。味方か敵かを区別してください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今年は坤宮同会します。運命学では後厄になります。母なる大地の場所です。豊かで育む場所になります。来年に備える年でもあります。準備・段取りをしていきましょう。『寒鶯、春を待つ』春が近づいています。まだ、寒いのです。必ず春は訪れます。焦ることはありません。 今は『井を穿って泉なし』です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今年は震宮同会します。厄が開けて、行動をする年になります。地中の中から芽が息吹く年です。『雷、地を出でて震う』『行止、時に従う』になっています。流れはとても良くなります。『満地錦繍』『人、玉階に登る』です。閃いたことを、そのまま行動して良いでしょう。エネルギーが強くなります。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今年は巽宮同会します。一般的に幸せを呼び込む年と言われています。良いことがおきますが、注意することです。 『残花、雨を待つ』になります。良いことは続きません。豊かさは永遠ではないのです。『飛鳥、山を過ぎる』になります。基本的には今を楽しんで、流れを大切にすることです。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今年は中宮同会します。中宮は中心の場所になります。一般的には八方塞がりの場所と言われています。出口がありません。そこを意識することです。新しいこと、無理なことはやってはいけません。 『枝折れ、幹たおる』『門内、賊あり』『石上、蓮を植える』です。じっくり、慎重に物事を進めることが大切になります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今年は乾宮同会します。直感が働く強い場所になります。乾宮で独立すると成功する確率が高いと言われています。 『鯉、龍門に登る』『妓歌、衆従う』です。ただ、気をつけて頂きたいことがあります。それは、思い込みが強くなってしまうことです。人の意見を聴かなくなります。『烏、枯木に泣く』『沢中、潤いを脱す』です。